2018年10月1日

インタビュー 慶應義塾大学理工学部 山口 高平 氏

AI研究の第一人者であり、人工知能学会の会長も務められた山口高平氏にこれまでのキャリア、そして、AIの果たす役割について伺いました。インタビュアーは日本能率協会、小関俊洋です。(以下敬称略)

「知能共進化」型AIを目指して

――― 山口先生のされている研究について教えていただけますか?

人間とロボットが協力しあうようなAI、つまり「知能共進化」型AIを研究しています。

Pepperのようなコミュニケーションロボットが開発されるようになり、AIは私たちの身近な存在になりましたが、残念ながら、人間とロボットが自由にコミュニケーションするようにはなっていません。

例えば、Peppeと対話すると、Pepperはこちらに自由に発言する機会を与えてくれるわけではないことに気づきます。Pepperの発言に対して回答するように、強引に引き込もうとします。これはPepperが想定されているシナリオ範囲内でしか対応できないからです。ある決まった文脈の中でコミュニケーションしようとします。人間のように相手に対して、自由かつ柔軟に対応することはできないわけです。

このように現状では、ロボットと人間の間のコミュニケーションにはまだまだ課題があります。逆に言えば、大きな可能性を秘めていると言えるかもしれません。

私は、これからは知覚処理と知識処理を統合するコミュニケーション型AIが重要になっていくのではないかと考えています。将来的には、人も機械もお互いに学びあって、共に進化していくことが可能なのではないか。そんなことを考えて、研究を進めています。

2018© Japan Management Association All Rights Reserved.